TOPへ戻る

HOMEpankuzuHEIWAグループについてpankuzu沿革
平和グループについて
shadow
title
平和社名
1949年 群馬県桐生市にて創業。平和商会としてメダル式・パチンコ機の製造・販売を開始する。
1952年 連発式の循環式「平和号」販売開始。
1953年 還元機の原型シルバー枠発売。
1954年 電動式連発式製造販売。
1956年 製造部門「コミック商会」営業部門「平和物産」で、再スタート。
1960年 (有)コミック商会と平和物産(株)を統合した東和工業(株)を設立。
東京出張所(現東京営業所)を開設。
大阪出張所(現大阪営業所)を開設。
1961年 自動補給装置(島還元方式)の販売を開始。
1963年 業界初の分離式プラスチック枠「ユニパック」を発表。金属部分をプラスチックに変えデザインを一新。
1964年 仙台出張所(現仙台営業所)を開設。
北海道出張所(現北海道営業所)を開設。
商号を東和工業(株)から平和工業(株)に変更。
1965年 名古屋支社(現名古屋営業所)を開設。
1968年 北関東支社(現高崎営業所)を開設。
1969年 風俗営業等取締法改正にともない製作した「100発皿無人機」を発売。
上皿デザインの傑作「ルートワン」発売。
1971年 業界初の「着脱分離方式」による分離型パチンコ機の製造販売を開始。
1973年 電動式役物の開発。
現在のコインゲームのはしりとなった「パールボール」を発売。
麻雀の要素を取り入れた「大三元」を発売、業界の活性化に貢献。
1974年 電動役物機登場。
1977年 入賞口とアウト穴が逆転した逆転パチンコ機「ドッキリ」発売。
1978年 「メガトンQ」、「ライダーテレビ」の発売。
1979年 九州支社(現福岡営業所)開設。