株式会社平和

3R3R/業界初の取り組み

3R(リデュース・リユース・リサイクル)への取り組み

トータルエコロジーの考え方

平和・オリンピアでは、3R(リデュース、リユース、リサイクル)の徹底を掲げ、遊技機のライフサイクルにおいて、最大限の省資源化と再資源化を目指し、開発から生産、リユース、リサイクルにいたるすべての段階において環境負荷低減に取り組んでいます。平和グループの工場は、排出物を出さない最新のシステムを導入し、地球環境の保護と限られた資源の有効活用として使用済み遊技機のリユース、リサイクル等を徹底しています。

  • リデュース

    Reduceリデュース

    設計段階から再生可能な素材を選択し、廃棄物の発生を抑制しています。

  • リユース

    Reuseリユース

    再利用可能な部品類に選別作業を行いリサイクルされます

  • リサイクル

    Recycleリサイクル

    混合物を取り除いた木屑は再生ボードの原料になります。

業界初の取り組み

平和・オリンピアは、パチンコ・パチスロ分野において業界初の構造やシステムなど、画期的な技術を開発してきました。例えば、本体を共通化し、ゲージ盤、ユニットの交換で機種入替を可能にした「着脱分離式パチンコ機」や、「分離型パチスロ機」を開発。入替時に大量に発生する機械の廃棄を削減し、省資源化に大きく貢献するとともにパチンコホール様にとっても機械代と輸送コスト、入替労力の低減等さまざまなメリットを生み出しました。
また、CO2削減に向けて、製品の輸送方法をトラック輸送から鉄道輸送へとモーダルシフトすることで、業界で唯一「エコレールマーク取組企業」と認定され、「エコレールマーク」を取得しております。さらに、子会社オリンピアの群馬工場では太陽光発電・風力発電の設備を整え、環境負荷低減に向けて積極的に取り組んでおります。

ページのトップへ